珍重される熊胆の効能


熊の胆

熊胆(ゆうたん)は、クマ由来の動物性の生薬のこと。 熊の胆(くまのい)ともいう。 古来より中国で用いられ、日本では飛鳥時代から利用されているとされ、材料は、クマの胆嚢(たんのう)であり、乾燥させて造られる。 健胃効果や強壮薬、利胆作用など消化器系全般の薬として用いられる。

実際にはもっと細かく粉砕して有ります

祖父の代から 多くの方に喜ばれております。

豚の胆汁100パ-セント
長時間煎じ こんな胆汁の塊になりました。
  (熊胆ではありません)

これは熊の胆に匹敵する効能があるといわれています。

 千葉県薬剤師会検査センタ―
 ペットの健康食品として試験検査済

 検体NO:I6-8-0430-00M

ブタの胆嚢を、漢方では生薬・猪胆汁として用いています。
ブタは様々な部位を生薬としてもちいられています。

腸の浄化
便秘や下痢に効果的です。肝機能が回復し、老廃物や有害物質を排出する作用のある胆汁の分泌が促進されます。腸の動きが良くなり便秘や下痢に効果的です。


消化吸収を助ける
消化吸収の過程において、消化酵素の働きを助け脂肪の吸収を促進します。脂肪肝予防、腎臓結石予防にも効果的です。

老廃物除去
代謝、排泄に重要な胆汁分泌を促すことで、二日酔いの予防、胆汁増加に効果的です。

粘膜保護
食前に服用して、粘膜を保護し食欲増進をすすめます。また、食後に服用し、消化改善、胃もたれ予防に効果的です。

 利胆作用
胆汁の流れを良くして胆石を溶かします。小さめのコレステロール胆石を溶かすのに適しています。大きい胆石や石灰化した胆石には向きません。

その時代その地域その民族に身近な獲物(植物なら野草や収穫物)の、食べるに相応しい部分は食品に、食べるには味が濃すぎたり不味かったり堅すぎたりする部分はクスリとして、天の恵みとしてありがたく利用したのが人類の歴史です。特に味の苦いものはクスリとしてたくさん利用されました。「良薬口に苦し」の所以です。

胆汁の成分は胆汁酸、胆汁色素などが含まれ、鎮咳、消炎、抗菌作用などが知られている。漢方では清熱・止咳・解毒の効能があり、熱性疾患、黄疸、下痢、便秘、百日咳、腫れ物などに用いる。

祖父の代から 多くの方に喜ばれております。

胆汁塊     藤野商店

 千葉県薬剤師会検査センタ―
 ペットの健康食品として試験検査済

 検体NO:I6-8-0430-00M

熊の胆に匹敵する効能があるといわれています。

肝機能の向上に 二日酔いの方

効能は肝機能の向上、回復など、胆汁の分泌促進。苦味で 炎症、傷の治療に利用します

保存方法 冷凍保存の事

服用量  マッチ棒の頭位 3~5粒から適量

価格 ¥10000  50g
(税込 ク-ル宅急便代 代引手数料込)

FAX    047-7153-3700

実際にはもっと細かく粉砕して有ります

   千葉県薬剤師会検査センタ―
 ペットの健康食品として試験検査済
   検体NO:I6-8-0430-00M

FAX    047-7153-3700

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)